五十肩にもLCF+で!

リトリト、初めてのお客様

当日にお電話あって
今からいけますか?!と

 

タイミング良く…というか
予約状況を見てお電話頂いたようで
お聞きしたらサロンのすぐお近くだとか

 

あらら…じゃぁもうすぐですよね(>人<;)
準備しなきゃ〜と慌てていたら

『とにかく五十肩が痛くてどうにかして欲しくって!!』

と…お電話口で説明して下さる

 

うんうん、と聞きつつ
まずはお店に来て頂きました

メニューは最初からLCFで…と

ただ、腕の稼働をみせて頂くと
全然上がらない&痛みも強い^_^;;

更に後ろにもいきにくい。。。

 

うーん。。。どうしようかなぁ。

 

状態を見て私の方が若干悩んだものの

  • 辛い手技があれば途中でご申告頂く
  • 聞きながらゆっくり行うけど、痛みが強い場合はお伝え頂く

2点をお願いして施術スタート

 

案の定というか…
腕をあげるのはほぼダメだったので

LCFの手技では無いけれど
可動域をあげる手技を入れつつ

ゆっくりローテーターカフを緩める

 

なんだかLCF+でごちゃまぜでしたが
終わってから腕をあげていただいたら

『あれ、前より上がるようになってる!』

と上げ下げされていました

 

あ、しまった!
ビフォアフター写真撮らせて貰えば良かった!!(´;ω;`)

 

たまにですが
以前五十肩・四十肩やったよ〜

というお客様はいらっしゃるんですが

渦中にいらっしゃった方は
実は結構少ないんです

 

渦中の方は整骨院とか行っちゃうかな?

 

一旦痛みが落ち着いてる方だと
可動域が狭くなって
腕があがりにくい方も多くて。

 

可動域をあげる為の施術は
深部リンパでもよくやってるんです

 

ただ、身体って繋がってるから
肩が痛いからとそこばかりやってもダメで、骨盤調整を行う事で改善される事もあるんですよね^_^

人体の不思議!!
(でもないか。一応理由はちゃんとあります)

 

五十肩も炎症強いと
マッサージ自体が逆効果な場合もあるので
そこは様子と今の段階見ながら…です

 

LCFは筋膜リリースの手技も入ってるので、案外痛い部分に直接的にアプローチじゃなくても、楽になるんですよ〜

 

なぜか痛い部分と違う箇所の方が
痛い手技になる時もありますが(´・ω・`)

 

それはなぜ?かは
一度ご体験下さいませ

あ、どSじゃないですよ?
優しいSです!(←おーい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA